Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
十二支の郷土玩具
十二支の郷土玩具 (JUGEMレビュー »)
中村 浩訳
「凧八」の干支凧も掲載されています。
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
まあ、ホントは、さ。
本音を書くと、根が真面目なのもので、
かなり、お堅くて、熱い感じになります。

でも、実際の所は、肩の力を抜いて生きたいですし、
自分の人生ですから、充分楽しみたいと云うのもあります。

自分の他に「凧八」の身近で育った同世代の身内もなく、
勝手に自分が継ぐと思って、ここまで来ましたが、
「凧絵を描く」というのは、自分にとって娯楽ではありません。
ある種の「使命」の様な、感覚です。

ですから、ちゃんと自分が活き活きと楽しめる場、、
のびのびと、楽しめることは持っていたいと思うのです。

そんなわけで、今は、本が読みたいですし、映画も観たいです。

ジグソーパズルもやりたいです。
凧は描いても描いても、次から次へ終わりがないですから、
ジグソーパズルで「完成」を、味わいたいのです。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 本音を云えば… | 21:43 | - | - | - | - |