Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
十二支の郷土玩具
十二支の郷土玩具 (JUGEMレビュー »)
中村 浩訳
「凧八」の干支凧も掲載されています。
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
凧揚げ取材。
130202_154203.jpg 

こんな、波頭が砕けるような、風の強い日に、凧揚げなんかしないよ。。。

取材だから、行ったけれど。

凧糸、繰れるの自分だけだから、、、。

ちゃんと揚がる凧でも、糸繰れない人が揚げたら、揚がらない凧に思われちゃう。

でもさ。

取材だと、富士山・三保の松原・凧・・・今回は夕焼け・・・等、
撮りたい絵を、勝手に決めて来るから、泣ける。

「よーくーばーりーすーぎーーーーーーーっ!!」←心の叫び。

打ち合わせで、あれこれ言ってるのに、聞いてないよね。

富士山が見えても、強風で、防風林の影響を受けた巻いた風では、
本当に、どうにもならないです。

落とさないように、カメラ上、「点」になってしまわないよう、
出す糸を抑え、巻いた風よりも上に上げきるなんて、
久能海岸の波頭が白く砕ける強風の日には、できません。

今回、出演者さんとの御縁を感じたので、努力しましたが、力及ばず。

もう、しばらく、取材等は受けないで、引きこもって描く作業します。

・・・雨がちになってきてしまって、春が近づくと、乾燥した時期が過ぎてしまうという、
作業時間のリミットを感じて、焦りも覚えます。

うー。目が回るよ。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 21:21 | - | - | - | - |