Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
十二支の郷土玩具
十二支の郷土玩具 (JUGEMレビュー »)
中村 浩訳
「凧八」の干支凧も掲載されています。
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
明日は取材。
 明日は、某BS局の取材です。
また詳細は、後日お知らせします。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 21:20 | - | - | - | - |
あ、仏滅。
130122_200503.jpg

昨日は、webサイト「しずふぁん」 http://shizufan.jp/ の、
今日は、新聞「スポーツニッポン」スポニチの取材でした。

取材があると、画像を撮影し忘れます。

見本に戴いた新聞、日付のところに「仏滅」。。。

こういう情報も書いてあるんですね!

どちらの取材も、私が話したいことを、ひたすら話し倒して、
まとめるのが大変だろうという、申し訳ない事態に。

スポニチの記者さんは、記事3本分あると仰言っていました。

就職して10年とか、その道20年とか、そういう長さではないんですよね、家業って。

自分が生まれてから40年余り、それ以前に培われてきたものがあっての家業ですから、
なかなか一口には語れません・・・それに、自分、周りも認める「面倒な人」なので・・・

それだけ、地に足を着けて、上を仰ぎ見て、天と対峙しながら生きてるんですよ。

・・・ということにしておいてください。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 20:30 | - | - | - | - |
しょんないTV!&凧揚げ云々。
130104_165747.jpg

昨夜の静岡あさひテレビの「しょんないTV」、本年初の顔出しです!
私が描いた凧八の駿河凧も富士山に連れて行って戴きました。

富士山で凧揚げをするとか、最初に聞いたときには、
なんと無茶を!と思いましたが、無事放送されて何よりです。

番組でピエール瀧さんが背負って登って下さったのは四枚凧(大)。
紙の一番幅がある部分で85cm強のものです。

最近では、凧揚げのために凧八の駿河凧を求められる方は少ないので、
この大きさのものでも大きいのか、あまり人気がないのが現状です。
ちなみにお値段は人物が1人描かれた物で¥6,800です。

昨夜の番組に出た「源義経」、一瞬、舞う映像が出ましたが、
見る限り、竹ヒゴのバランスも良く、良く揚がる凧に仕上がっています。

縦に糸目をつける駿河凧は、左右に揺れて風を逃がしながら揚がるのが特徴なので、
安定した風が吹いている高さまで揚げるには少々コツが要ります。
それでも和凧には同じような縦糸目の凧がほかにもありますから、
凧揚げを知っている人ならば決して難しいものではないと思います。

アクションゲームも不慣れな人にはクリアできないのと同じで、
風との駆け引き、糸裁きを知れば、駿河凧の凧揚げは楽しいものだと思います。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 21:32 | - | - | - | - |
「とびっきり!しずおか」取材


静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」の取材でした。
作家・村松友視氏が作業部屋へお越し下さり、対談させていただきました。

村松友視氏といえば、直木賞受賞の「時代屋の女房」をはじめ、
数々の著作で知られる方です。
ジャンルも多岐にわたり、若き日の私にとっては、
ちょっと不思議な物書きのおじさまというイメージでした。

ですから、どのような質問が飛んでくるかと、
思いの外、緊張して、今日を迎えたのです。

しかし、私の心配など消し飛んでしまうような、
村松氏の醸し出す、穏やかで和やかな空気感。

気付けば、ドンと胸を借りる思いで、お話ししていました。

毎年、春先のこの季節は、自分にとって、気持ちが疲れている季節でもあります。
今秋〜冬の準備として、墨で凧絵の線描きを描き続けていますが、
お正月前後のバタバタとした慌ただしさが嘘のように静まり、
なにか、この隙に逃げ出してしまいたいような気分になるのです。

それでも今年は、新東名静岡SAのお土産品として、新契約を結んだり、
初節句に合わせた名入れ凧の注文が入ったりと、ちらほら動きはあるのです。

ただやはり、年間を通じての繰り返し作業に、なんというか、、、
精神的な閉塞感のようなものを覚えてしまうんですよね、毎年。

そんな、どんよりとした気持ちを吹き飛ばしてくれる1日でした。
村松氏の立派なペン胼胝に、人生のエールをいただいた思いです。

元気出して、いこう。
描いて、いこう。
もっと、欲張って、楽しんでいこう。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 20:51 | - | - | - | - |
every.しずおか
120110_224937.jpg

SDTの夕刻のNEWS、every.しずおかの映像話題コーナーで、
先日の富士吉原・鯛屋旅館での凧作り教室の模様が放映されました。

御覧になって御連絡下さった皆様、ありがとうございます。

これ、我が家のテレビ。
未だ、球面ブラウン管です。

こういう番組で年齢を云われると、もう少し人間的に
どうにかならないといけないような気分になりますが・・・

今この年齢だからこそ「自分」の「自分」たる部分が解るというのも事実。

そもそも、公私ともに他に自分のような境遇の人間、知らないですから、
自分はこれで良いのかな、と誇りもって活きてゆきます。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 22:51 | - | - | - | - |
FM-Hi!ひるラジ!静岡情報館
110106_192603.jpg
明日は、もう7日ですね!

画像のように、七草粥する気まんまんです!

かく云う私、明日、チョロッと、
地元静岡のFMラジオにお邪魔して来ます。
生放送です。
--------------
FM-Hi!ひるラジ!静岡情報館
午後1時35分からのコーナー
--------------

パーソナリティのTJさんから、昨年11月の産業フェアしずおかで、お声掛けいただきました。
以前、2007年11月2日に出演させていただいたのですが、
TJさんが、話を上手に引き出して下さり、とても話し易かったのを覚えています。

明日は、どんなお話をさせていただけるのかな?
今からとても楽しみです!
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 19:40 | - | - | - | - |
静岡新聞(2010/05/04)に掲載されました。
 

4月28日〜5月9日
富士山静岡空港にて十六枚張り駿河凧等、展示。

静岡新聞、5月4日号に掲載。

この季節、静岡で凧と言えば、浜松祭りが有名。
記事の内容は、やはり浜松祭りだが、
画像に使って戴き、大変、光栄。

この季節から、今冬(来年のお正月)の準備をしている
自分にとって、大変、励みになる。

どうか静岡郷土の方々、駿河凧「凧八」を、忘れないで欲しい。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 23:23 | - | - | - | - |
東海3県にて
100309_133441.JPG
撮影して下さったカメラマンさんから連絡をいただいた。

先月、NHK静岡で放送された『しずおかの匠』、
駿河凧製作の様子が、短縮版になって、
愛知・岐阜・三重県の東海3県で、放送予定。

明日、21日(水) 18:10のニュース内で『アングル』というコーナーにて。
翌22日(木)朝7:45〜も再放送予定。

静岡以外の放送は、近頃なかった。

ちょうど自分が岐阜にいるときで、なんだか妙な気分だ。

放送の入る地域が限られるが、
多くの方に御覧いただけたら幸いに思う。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 22:08 | - | - | - | - |
明日 放送予定
先日、3日に渡って取材を受けた
「しずおかの匠」の放送、
明日25日に予定。

NHK静岡 18:10から放送の「たっぷり静岡」の中で
「しずおかの匠」というコーナー。

緊急報道などがあると、放送が変更になるやも。

珍しく竹の作業が入った取材で、
ひと通りの作業工程が紹介される予定。

御都合つく方、御覧下さい。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 19:33 | - | - | - | - |
追撮。
Photo0056.jpg
先日の取材の追撮。
これまで、ほとんどTVに出ていない、
竹ひご作業の撮影をしてもらった。
貴重な映像になると思う。

相変わらず天候が悪い。

明後日、凧揚げ取材の予定。

端午の節句に向けた名入れ用の墨描きが、
続く雨模様で、なかなか出来ない。
posted by: 駿河凧・凧八 五代目 後藤 光 | 取材 / 掲載 | 23:03 | - | - | - | - |